女性の妊娠、出産、育児を経験するのは、やっぱり女としての醍醐味ではないでしょうか。これをこなしてこそ、一人前の女性として一皮むけると感じます。良く子供によって成長したとか子供が親にしてくれたとか言いますが、本当にその通りだと感じます。自分以上に大切な何かなんて、子供を産んで育てない限り、経験出来ない事だった様な気がします。毎日本当に大変で、三度の食事と習い事の送迎に追われる日々です。怒ってばかりいる様な気もします。本当にお互い笑い合い、冗談を言い触れ合えるのは一日の内でもほんの一瞬だったりするのですが、この一瞬の為に毎日がんばっているんだなとつくづく感じます。それほど子供の笑顔はかけがえのない、キラキラした宝物です。その一瞬の為に、今日も、明日もがんばっていかなければなりません。いつか必ず、報われる日が来るでしょう。

女性にとっての妊娠、出産、育児

妊娠、出産は女性にしか体験できないものになります。しかし女性なら誰でも出来るわけではなく、病気などの理由により妊娠しにくい体質だったり、流産してしまうなど、必ずしも誰でも経験できるわけでもなく、赤ちゃんを宿し、お腹の中で育て、無事に産むというのは奇跡的なものになります。体は10ヶ月間もかけて大きく変化していきます。つわりに悩んだり、便秘や腰痛になってしまったり、体重増加を気にしなければならなかったりと、何かと気をつけることもあるし、出産、育児に対する不安で悩むこともあるでしょう。育児は男性にもできますが、やはりまだまだ女性が主体となります。授乳のことや、赤ちゃんが寝ない事にストレスを感じたり、睡眠不足で疲労が溜まる事もありますから、女性にとってはかなり体への負担も大きい大仕事であると言えるでしょう。

妊娠、出産、育児とお金の備えも必要です。

結婚をしてから、妊娠や出産、育児にかかるお金のことを考えて、心配に感じる方もいます。お金のことで安心できるように、情報を集めて、将来の計画を立てることも大事なことです。出産をする時に、働く企業によっては、出産お祝い金など、お金をもらえる場合もあります。職場の子育て支援のことを知ることも大切です。また、市役所に相談をするなどして、子育ての支援の取り組みを教えてもらうことも重要なことです。子育てに関して、手当などのお金を受け取れる場合もあり、知らなかった情報を見つけることができるチャンスもあります。また、将来のことを考え、学資保険など、子供が進学をする時のお金を用意できるように、備えることも重要です。お金のことをきちんと考えて、備えることができれば安心して、妊娠や出産、育児を始めることができます。