オフィスを移転する時にかかる費用を調べてみた

新生活、新事業を始めるというときにはオフィスの移転もありえます。プロに依頼をしてみたいと思ったとしても、費用が気になってくるでしょう。大きく分ければ、退去、移動、設置や開設の三点に費用は分かれています。社員一人当たりの引っ越し費用、大きなものを運搬量、家具の廃棄をする費用、そして解体や設置しなおす費用、室内のレイアウトデザインなどの費用、通信関係の設備の設置などたくさんの費用がかかります。人数が少ないならそれほど大きな金額にはなりませんが、使っていた場所の坪数が大きく社員人数も大きいとそれに比例して費用もかなりかかってきます。見積もり前に自分で事前のシミュレーションをする事が出来る業者もたくさんありますので、そちらでおおまかな費用イメージを掴んでおくのもおすすめです。

どんな流れで作業を進めていくのか

費用を出す前に、スムーズに移転が出来るように作業の流れも掴んでおきましょう。いつから引っ越すための準備を始めるのかの計画をまず立てることが大事です。それに合わせて新しいオフィスを選定し、今の場所と新しい場所との比較をしながらコストをシミュレーションしていきます。原状回復や内装工事、電気や通信設備の工事と想像している以上にいろんなコストがかかるので、しっかりと状況の確認をして下さい。書類の提出など多くの手続きもありますので、役所などにすぐに出せるように並行して書類の作成も進めていきましょう。新しい場所に物品を運び込めば終わるわけではありません。時間も費用も限られた中で作業をする方が殆どですから、業者のアドバイスも参考に計画的に間に合うように進めましょう。

活用しておきたいシミュレーション

オフィスの移転は一般の家屋よりも大きいですし物もたくさんありますので、お金はかかるだろうと誰もが漠然と思っています。けれども、実際に細かくどんな費用がかかるのか、いきなり見積もりは難しいと思う事もあるでしょう。そんな時には、業者側のシミュレーションを活用しましょう。項目に合わせて坪数や社員数、物品数というように入力していくだけで、ざっと大まかな目安の金額が分かります。また、自分たちが考えていなかった部分にもお金がかかると分かる事もありますので、後で予算オーバーになってしまったという事も少なくなります。複数の業者でシミュレーションをして平均を取ると、大体これぐらいの費用になるだろうと目安も分かりやすくなるので、ぜひ活用してスムーズな移動に役立てて下さい。

居抜きで入退去することで移転時にかかるコストを大幅カット! 是非居抜き物件をご検討ください。   営業時間は朝9:00から夜の18:00まで ご連絡受付中。 居抜き物件を登録する際に会社名を公開せずに物件だけで登録することも可能です 居抜きで入りたい企業様にサイト経由で物件を見ていただけて、探す時間や手間を大幅カット 居抜物件でオフィスの移転をコストダウン