オフィスを移転するために最低限知っておくべき5つの事

オフィスを移転するために最低限知っておくべきこと、引越しは一朝一夕にはできません。新しい住所に電話にFAX番号も、各所へ伝えておく必要があります。郵便物は前の会社に届くことはあるので、転送をする手配も必要、銀行も窓口へと出かけて行き、会社の住所は変更をしておきます。取引先への連絡は、移転をしたことをお手紙で送るようにします。各種保険の登録住所の変更も必要なこと、電話やネットでも依頼をできる時代です。事前の準備的には、保険は種類や会社で分けてのファイリング、連絡をする会社と、被保険者や保険番号をリストアップしておきます。手続きは本人確認を江東で行い、加入保険を確認して、住所変更依頼をしたら変更書類が送られてるので、記入と押印で送り返します。

各所に住所や電話番号が分かることを伝えること

オフィスを移動するために最低限知っておくべきこと、忘れずに各所に電話や住所、FAX番号の変更を伝えることをします。設備関係やリース契約など、各手続きも行います。各会社への連絡となりますが、業務で移転のぎりぎりまで仕事で使う設備などは、気をつけながらの調整です。銀行への住所変更手続きは、住所変更後の登記簿謄本の原本を持参すること、通帳と印鑑をもって銀行の窓口へ行きます。移転後に出かけるのは、登記簿謄本での確認が必要だからです。日付指定は一週間後からになるのが、湯便物の転送届になります。一週間前には変更届を出しておくこと、会社には大切な書類も届くので、郵便物の転送もきちんと行います。消耗品購入先、通販サイトの住所変更も、忘れないでやっておくことです。

郵便物は転送届けを出して銀行にも住所の変更を

オフィスを移動するために最低限知っておくべきこと、郵便物が届いてしまうので転送届は必要、銀行には窓口での変更をしておきます。インターネット関連の解約や、契約の手続きなども行うこと、今のビジネスはネット環境がなければ、仕事は回らない時代なので、ネット環境は必要です。コールセンターへの電話問い合わせの場合、専門用語での面倒な対応が予測されるため、ネットで効率よく行うことも良い方法です。会社名義で借りている住宅があれば、住宅の手続きも行う必要があります。会社名義で借りている住宅は、マンション名や入居者、管理会社や号室、忘れないで火災保険会社もリストアップをする事前準備をしておきます。代理店へと電話をして、変更書類が届くので、書類への必要事項を記載して、印鑑を押して送ります。